周辺機材 PR

【ソフト・ハード・セミハード】ギターケースの選び方

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回はギターケース選びについて、どれを選べば良いのか悩んでいる方必見です。
ソフトケース、ハードケース、そしてセミハードケースの特徴と、それぞれのメリット・デメリットを詳しく解説します。
大切なギターを守りながら、快適に持ち運ぶための最適なケース選びの参考にしてください。

SKB ( エスケービー ) / SCFS6 ストラト/テレキャス用セミハードケース

ソフトケース

ソフトケース

メルカリでギターソフトケースを探す

ソフトケースは、ギタリストの中で特に人気の高いギターケースの一つです。
軽量で持ち運びが容易で、価格も比較的安価なため、多くのギタリストに愛用されています。素材は主にナイロンや布製で、内部に厚手のクッションが入っているものが一般的です。このため、ギターに対する基本的な保護機能を備えつつ、非常に軽量である点が大きな特徴です。

特徴とメリット

軽量で持ち運びが楽

ソフトケースは、ナイロンや布製のため非常に軽く、長時間持ち運んでも疲れにくいです。徒歩や公共交通機関での移動が多いギタリストには特に便利です。


価格が手頃

ソフトケースは他のケースに比べて価格が安いことが多く、初心者からプロまで幅広い層に適しています。予算を抑えたい方には最適です。

収納性

使用しないときは折りたたんでコンパクトに収納できるため、場所を取りません。部屋のスペースが限られている場合にも便利です。

ポケットが豊富

多くのソフトケースには複数のポケットがついており、譜面やアクセサリー、チューナー、カポなどの小物を整理して収納できます。ライブやリハーサル時に必要なアイテムを一つにまとめて持ち運べるのは大きな利点です。

デメリット

保護力の不足

軽量である反面、ハードケースに比べて衝撃や圧力に対する保護力は劣ります。ギターをしっかり守りたい場合には不安が残るかもしれません。

耐久性の問題

素材が柔らかいため、長期間の使用や頻繁な移動に耐えられないことがあります。特にペラペラのビニール製のものは、安価ですが耐久性に欠ける場合があります。

ハードケース

ハードケース

メルカリでギターハードケースを探す

ハードケースは、ギターを最も保護できるギターケースの一つです。
頑丈な素材で作られており、ギターを外部の衝撃から守ります。主にプラスチック、木材、またはそれらの複合素材で構成されており、内部には柔らかいクッション材が敷かれているため、ギターをしっかりと固定し、傷やダメージを防ぎます。

特徴とメリット

頑丈な保護力

ハードケースは、外部からの衝撃や圧力に対してしっかりギターを守ってくれます。旅行中やツアー先での移動、さらには飛行機での輸送にも耐えられるため、プロのミュージシャンにとって必須のアイテムです。


耐久性

高品質な素材で作られているため、長期間使用しても劣化しにくいです。長い目で見て投資価値のあるアイテムと言えるでしょう。

セキュリティ

多くのハードケースには鍵が付いており、ギターを安全に保管できます。盗難や不正アクセスを防ぐための追加のセキュリティ機能が付いている場合もあります。

内部構造

内部はギターの形に合わせて設計されており、ネックやボディをしっかりと支えます。これにより、ギターがケース内で動くことなく、安定した状態で保管されます。

デメリット

重量

ハードケースは非常に頑丈な反面、その重量も増加します。徒歩での持ち運びや、頻繁な移動には不向きです。特に長時間持ち運ぶ場合は疲労感が増します。

価格

ハードケースは、ソフトケースやセミハードケースに比べて高価です。高品質な素材と優れた保護性能を持つため、初期投資が大きくなります。

収納性

ハードケースは折りたたむことができず、使用しないときもかなりのスペースを占有します。小さな部屋や限られたスペースでの保管には不向きです。

セミハードケース

セミハードケース

メルカリでギターセミハードケースを探す

セミハードケースは、ソフトケースとハードケースの利点を兼ね備えたギターケースで、多くのギタリストにとって理想的な選択肢となっています。このケースは、軽量でありながら適度な保護力を持ち、持ち運びやすさと耐久性のバランスが取れています。

特徴とメリット

適度な保護力

セミハードケースは、内部に硬質な素材が組み込まれており、外部からの衝撃や圧力に対して適度な保護を提供します。ギターが傷つくリスクを軽減しながら、ソフトケースのように柔軟性も持っています。


軽量

ハードケースほど重くないため、持ち運びが楽です。徒歩や公共交通機関での移動が多いギタリストにとって、この軽さは大きな利点です。

持ち運びやすさ

多くのセミハードケースは、リュックサックのように背負えるストラップが付いており、両手を自由に使えるため、自転車での移動や長距離の移動にも便利です。

収納性

セミハードケースには、複数のポケットが付いていることが多く、譜面やチューナー、カポ、シールドなどのアクセサリーを整理して収納することができます。これにより、ライブやリハーサル時に必要なアイテムを一つにまとめて持ち運ぶことができます。

デメリット

保護力の限界

ハードケースほどの頑丈さはないため、非常に高価なギターや、特に過酷な環境での移動には不安が残ることがあります。飛行機での輸送や長期の保管には注意が必要です。

価格

ソフトケースに比べると高価な場合が多いです。しかし、ハードケースほど高額ではないため、コストパフォーマンスに優れています。

耐久性

ソフトケースよりも耐久性はありますが、ハードケースほど長持ちするとは限りません。特に頻繁に使用する場合、長期間の使用には劣化が早まる可能性があります。

まとめ

ギターケースにはソフトケース、ハードケース、セミハードケースの3種類があり、それぞれに特徴とメリットがあります。ソフトケースは軽量で持ち運びやすく、価格も手頃ですが、保護力は低めです。ハードケースは頑丈で保護力が高く、長距離移動に最適ですが、重くて高価です。セミハードケースは軽量でありながら適度な保護力を持ち、持ち運びやすさと耐久性のバランスが取れています。自身の使用目的や移動手段に合わせて最適なケースを選びましょう!

ABOUT ME
凪ぺえ
日々のオフィスワークに追われながらも、心のどこかでいつも最高のギターサウンドが鳴り響いています。50代になっても、ギターを手にするときのワクワク感は変わりません。仕事で疲れた日も、ギターがもたらす無限の情熱と音楽を通じた人生の豊かさを皆さんと共有できれば幸いです。