周辺機材 PR

【初心者必見!】エレキギターを始める際に最低限必要なものは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります


「エレキギターを始めたい!」と思ったときに、エレキギターは本体だけでは練習が始められません。それ以外のアイテムも準備する必要があります。
ギターに関する機材や道具などは本当にたくさんありますので、ここではまず基本的なアイテムから揃えることをおすすめします。
そこで今回は、ギター初心者が最初に揃えるべきものを8つご紹介します。

エレキギターを始める際に必要なアイテム

エレキギター本体

昔に比べて今では安価で高品質なエレキギターも多くなっています。
筆者も最初は国産の安いコピーモデルでしたが、今振り返ってみても作りもとてもしっかりしていていい音だったなあと思います。
3万円以下の安くていいギターとしてはフェンダー直系のギターブランド「Squier(スクワイヤー)」か、国産アコースティックブランドのHEADWAY(ヘッドウェイ)が母体の「Bacchus(バッカス)」をおすすめします。

 

チューナー

チューナーはスマホを持っているなら無料アプリが十分使えます。
ただ、ギターの練習をするときにチューニングの手間は少しでも省きたいところです。
そこでおすすめなのはクリップ式のチューナーです。クリップ式なのでギターのヘッドに付けっぱなしにしておいて、弾くときだけ電源ボタンを押してチューニングするだけです。スマホのアプリを立ち上げてギターに近づけてチューニングする、又はシールドを持ち出してチューナーに接続してチューニングするというちょっとの手間ですが、「練習しやすい環境を作る」という点でクリップ式チューナーはおすすめです。

ギターピック

ギターピックは形や素材の他にもジャンルや弾き方などによっても様々な種類があります。
1つがそれほど高いものではないので、いろいろと自分に合ったピックを弾きながら試してみるのも楽しいと思います。

ギターストラップ

ギターストラップは立って弾かないのでいらないという人もいますが、「バンドで弾きたい!」という人はほとんどが立って弾くことになるので必要になってきます。
いずれ人前でギターを弾こうと考えているなら、立ってギターを弾く練習もしておいて損はないと思います。

ギタースタンド

ギタースタンドを使わず適当にイスや机などに立て掛けておいて、「ガッシャ~ン」とギターを倒してしまうということを性懲りもなく何度も繰り返してきましたが、そんな失敗を皆さんにはしてもらいたくないので、必ずギタースタンドは買ってギターはちゃんとギタースタンドに置きましょう。

ギターケーブル(シールド)

これが無くてはギターの音が出ないのですが、今ではワイヤレスシステムやBLUETOOTHで繋げるアンプなどが低価格で登場していることから、段々とシールドの煩わしさから解放されてきています。
ただ、やはりギターシールドの方が音の伝わりがダイレクトなので、無線に比べると音がクリアな気がします。また、ジミヘンやウィルコ・ジョンソンなどのかつてのロックギタリストたちが使っていたカールシールドなどはいまだに人気があります。

アンプ

エレキギターを弾くときにギターからの信号を増幅させるのがアンプです。

アンプに繋がなくてもギターの音は出せますが、練習の質を高めたいならアンプは必須のアイテムとなります。

アンプの種類も様々ですが、初心者の方は場所を取らない小型のアンプがおすすめです。
今の小型アンプは安いのにとても高品質です。

自室で練習するのなら、直接ギターに挿して使うヘッドフォンアンプもあります。
これなら周囲に音を漏らさずに演奏できます。

メンテナンス用品

ギターの塗装もラッカー、ポリウレタン、オイルと様々で、仕上げについてもグロス(ツヤ有り)、サテン(ツヤ無し)があります。ギターの汚れを拭き取る際には、塗装に影響が出ないように専用のクロスを使用します。
汚れが目立ってきたり、ギターのツヤが無くなってきたときには、専用のポリッシュを使って磨くと綺麗になります。

筆者の持っているセミアコはサテン仕上げなので、サテン仕上げに対応していないポリッシュを間違って使ってしまうとツヤが出てしまうので、ポリッシュは使わずマイクロファイバーの専用クロスで乾拭きだけしていますが、まったく問題ありません。
家にあるいらなくなったTシャツとかはポリッシュやオイルを塗り込むには適しているのですが、汚れを取るという点では、やはり専用クロスの方が汚れはしっかり取れます。

また、弦もいつ切れるかわかりませんので、替えの弦を用意しておきましょう。

まとめ

今回は、エレキギターを弾くときに準備しておくとよいアイテム8つについて紹介しました。
チューナーは最初はスマホのアプリを使えば無料ですので、まずはアプリの使用をおすすめしますが、本格的にギターの練習をしていく際には、クリップ式のチューナーの方が手間なく簡単にチューニングできるのでおすすめです。

弦はエリクサーなどのコーティングされた弦は錆びにくく、を張ったときの音が驚くほど長持ちしますので、絶対におすすめです。
以上、参考になれば幸いです。

おすすめギタースクールサイト(とりあえず無料体験レッスンを受講)

ABOUT ME
凪ぺえ
ギターをはじめてはや40年以上。サラリーマンをしつつ、年に数回仲間とライブを楽しんでいます。ギター人口が減っていると言われている今、"一人でも多くの人にギターを弾く楽しさを知ってほしい!!”という思いで、大好きなギターや音楽のことを情報発信しています。